予備校に通って見事医学部に合格しました

予備校では22時まで勉強します

| 医学部予備校ナビ

文法問題を解いて先生に一つ一つ解説してもらいながら、どんどん知識を定着させていきました。
1対1の個別授業の予備校であったために克服できたのだと思います。
また二次試験の対策として面接や小論文の授業も受講しましたが、これは医師としての将来を考えるきっかけにもなり、受験のためだけではなく、将来を見据えてモチベーションもアップしたと感じました。
今考えてみると高校時代はとにかく部活動一筋で、しかし部活を頑張っていたから受験に失敗したと思われるのはいやだったので、学校に入ってからは先生と一緒に懸命に勉強を積み重ねてきました。
特に弱点を克服するために集中して取り組んだ英語の勉強が、今では一番心に残っています。
私が行っていた受験時代のスケジュールは、朝6時に起床して1時間ほど勉強してから学校に向かいました。
学校が終わるとそのまま予備校に向かい、予備校では22時まで勉強します。
帰るころにはくたくたですが夕食をとりおふろに入って、その後午前1時まで勉強してから眠るようにしていました。
私の場合にはとにかく受験勉強の本格的なスタートが高校三年生の夏休みの部活を引退した後だったため、とにかく時間がないという印象が強かったです。

高校は進学校で成績は上位でした | 予備校では22時まで勉強します | 傾向と対策指導が本当に適切だった